アーカイブ

HOME > 田代歯科医院ブログ > アーカイブ > 院長日記の最近のブログ記事

田代歯科医院ブログ 院長日記の最近のブログ記事

Facebookページを始めました!

田代歯科医院のFacebookページを立ち上げました!
治療に関することからその他いろいろをアップしていきますので、
よろしくお願いします。
また、私個人も投稿をしておりますので、
こちらも合わせてご覧ください。

https://www.facebook.com/tashiroshika

涙なしの矯正歯科~不正咬合における予防と早期治療

 11/14(日)愛知県保険医協会主催で行われた「涙なしの矯正歯科~不正咬合における予防と早期治療」というテーマの講演を愛知県の伏見会議場で聴いてきました。講師は福岡雅先生でした。福岡雅先生は昨年のDR Chris Farrell 講演会でTrainerの素晴らしい臨床例を発表してくれました。その時からメールでやり取りをさせていただいています。今回お会いするのは2回目でした。ここで福岡先生の講演の本質を表す抄録の一部を抜粋させていただきます。"殆どの不正咬合はう蝕や歯周病と同程度以上に予防可能で、早期である程治しやすいと確信の歩をかためつつあります。換言すれば、不正咬合の原因と発生の機序を知りこれに適切に対処できさえすれば、成長期の子供に関してその予防や治療は、実は造作もないことが少なくないとも言えるのです"福岡先生の臨床例はまさにこのことを証明していました。歯周病においても、全く同じことが言えると思います。講演会終了後は、有志の先生方と一緒に中華料理をご馳走になりました。有意義なひとときを本当にありがとうございました。九州でも是非講演してください!


小川矯正歯科見学

 5/23(日)に小川矯正歯科を見学しました。小川先生は咬合療法研究会のインストラクターです。2009年度JACD第1回例会で基調講演を聴いて素晴らしい矯正臨床に感動し、どのようにすればあの臨床が生まれるのかということを自分の目で確かめてみたいと感じていました。態癖指導だけで反対咬合が治る症例などは、一般開業医で是非実践するべきだと思っていました。見学して感じた事は、小川晴也・聖美先生方をはじめスタッフの皆さん一人一人がとても生き生きとしていました。病院にある笑顔が見学していた私まで癒してくれました。鍛錬された技術と心のこもった治療は患者さんの人生にとってかけがえの無いものになると感じました。皆さんありがとうございました。

 


明けましておめでとうございます!

 年末・年始は妻の実家の宮崎に家族4人で遊びに行きました。義父・義妹をはじめ皆さんに本当に歓迎していただきました。ありがとうございました。北九州も寒かったようですが、南国宮崎もとても冷え込みました。宮崎の空は、本当に雲ひとつなくマリンブルーの抜けるような青空でした。清々しい気持ちになりました。元旦は、実家近くの中野神社に初詣に行きました。美味しいぜんざいと名物のたくあんをご馳走になりました。身も心もあたたかくなりました。中野神社の皆さんありがとうございました。

田代歯科医院では今年も、明るく、元気に、楽しく、スタッフ一同力を合わせて仕事に取り組みます。皆さん、どうぞ宜しくお願いします!

2009.12.26-2010.1.3 094.jpg 2009.12.26-2010.1.3 036.jpg

休日救急歯科診療

 10/18日の日曜日、小倉馬借にある休日救急歯科診療に行ってきました。普段は結構暇なのですが、昨日は9人患者さんが来ました。子供の外傷の患者さんが2人いましたが、1人は重症でおばあさんにおんぶされて泣きながら来院しました。口から出血していて、上の乳歯の前歯はブラブラの状態でした。下の前歯は1本すでになくなっていました。圧迫止血して、上のブラブラの歯は抜歯しました。下唇が腫れていたので、最初は見落としていましたが、なんと下唇の直下に5~6センチの傷口がパックリと開いていました。ちょうど、下唇が腫れてめくれていたので傷口が隠れていたのです。急いで隣にある外科を受診してもらいました。気になったので、処置に付き添いました。子供が暴れるので、ネットで固定して、ぱっくり開いた傷口に直接麻酔を行い、縫合が行われました。処置はあっという間に終わりましたが、子供が泣き叫ぶ声が響き渡りました。かなり痛々しい感じがしましたが、処置後はケロッとしていました。(正直言ってホッとしました)最終的には、骨折の診査のため牧山中央病院に行くことになりました。普段滅多に遭遇しない外傷の患者さんを診ることが出来、貴重な経験をすることが出来ました。

インタビュー記事が掲載されました!

 

                                        2009年9月 Vol.253表紙

 "ふくおか経済"という月刊誌にインタビュー記事が掲載されました。今回、「サービス強化する福岡の歯科医院」という特集の中でで6件の歯科医院と1件の技工所が紹介されています。皆さん、様々な工夫をされて頑張っています。田代歯科医院では、歯科医療を通して「癒しと気づき」を提供しながら皆さんと笑顔を共有することを目指しています。どうぞ、宜しくお願いします!


5周年

 9/1は私にとって特別な日です。というのは、私は5年前の9/1から田代歯科医院で正式に働くようになったからです。約13年間勤務した九州歯科大学を退職し、42才になって開業医の世界に再度飛び込みました。環境が激変し、不安と期待の入り混じった複雑な毎日でした。本当に5年間いろいろなことを体験しました。つくづく人とのつながり・縁が大切であり、人間は一人では生きていくことができないことを身をもって学びました。だからこそ、毎日を一期一会の気持ちで悔いなく生きていこうと思うようになりました。また、夢や信念が生きる力になることがわかりました。これからも、周りの人たちと共に助け合い、切磋琢磨しながら楽しく生きていきます!

東筑高等学校同窓会

 平成21年6月6日土曜日、北九州八幡ロイヤルホテルにて2009年度東筑高等学校同窓会がありました。私は79期で同窓会のお世話をする当番期でした。正直な話、私は高校を卒業以来、この同窓会には一度も参加したことがありませんでした。今回は、同級生で同業である加来君から誘われて参加することになりました。今、本当に参加してよかったと彼に感謝しています。というのは、2次会で私たち学年全体の1/3にあたる約150人が集合し、各々の人生が凝縮されたスピーチを聴く事が出来たからです。非常に貴重な経験でした。現在の自分の環境に感謝できるようになりました。同時に、この高校に行って本当に良かったと初めて思いました。人生において、過去は変えることは出来ませんが、いろいろな出来事や体験によって過去に対する考え方は変えることが出来るということに気づきました。皆さん、ありがとうございました。

totiku090606[1].jpg 2009.06.22 006.jpg

日野原重明先生講演会

 5/31日は非常に忙しい日でした。九州歯科学会総会に参加した後、高校の先輩でもある三宅先生に誘っていただいて、日野原重明先生の特別講演会を小倉リーガロイヤルホテルに聴きに行きました。講演は約2時間ありましたが、日野原先生は立ちっぱなしでさらに腹の底からでる太い声で講演をされました。ご高齢にもかかわらず、生命力のオーラがでていて圧倒されました。「病人に安静は良くない」「65歳以上老人を75歳以上を老人にするべきだ」等等、従来とは違った観点でありながら納得できるお話をユーモアを交えてして下さいました。とても楽しいひと時でした。講演後、実はミーハーは私は握手をしてもらいました。大きくて柔らかくて温かい手でした。日野原先生、三宅先生ありがとうございました。

2009.06.27 004.jpg

テレビ初出演!!!

 実は5/28木曜日深夜、NHK総合「Cut Out」という番組の中で九州歯科大学教授横田誠先生が開発された歯ブラシ(ペリテクト ビーブランド・メディコーデンタル)のことでインタビューを受けました。(出演はほんの数十秒ですが・・・)ぶっつけ本番でどうなることかと思っていましたが、番組では非常にコンパクトにまとめてありました。さすがプロの方は、焦点のあて方・絞り方が上手だと思いました。事前に放映される日が分かっていたのですが、どうなるか不安だったので黙っていました。こんなことならもっと宣伝しておけば良かったと地団駄を踏みました。だけどとても貴重な体験でした。癖になりそうです(笑)。ペリテクトに関しては、昨年の11月のブログ第13回スタッフセミナーで紹介してあります。また当院でも販売していますので宜しくお願いします。

 「Cut  Out」0:10~0:40  NHK総合
番組HP http://www.nhk.or.jp/tamago/program/20090526_sp.html

img01[1].jpg

« 歯周病関連 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ