HOME > インプラント

インプラント

インプラントの構造

implant.gifインプラント治療は人工歯根治療ともいわれ、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、
その上に人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、また顎の骨と結合することが確認されています。インプラントと顎の骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。

入れ歯ではどうしても満足することが難しかった"食べる・話す"こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます

歯科用インプラントとは?

ヘルシー&エステティックな志向が高まり、歯の美容にも関心が高くなっています。失った歯は、機能的な面だけでなく審美的にも早く回復しなければなりません。歯を失い入れ歯をご経験の方で、もっと自然に会話や食事が楽しめ、見た目もご自分の歯に近い歯がないかとお考えの方もいらっしゃるかと思います。そんな方にご案内したいのがインプラント治療です。インプラントは第二の永久歯ともいわれ、入れ歯にかわる新しい歯として研究され、現在世界中の多くの方にご満足いただいている治療法です。これからインプラントとその治療法についてご案内していきますが、インプラントは従来の歯科治療に比べると高度な技術が必要です。 担当の先生とよくご相談の上治療を始めていただき、自然で美しい笑顔とともに充実した生活をお送りください

今までの治療法との違い

menu_table.gif


各治療法のメリット・デメリット

入れ歯 メリット ・多くの歯科医院で治療が受けられる
・保険内で治療ができる
デメリット ・入れ歯の歯ぐき(ピンク)の部分があるので、違和感がある
・天然歯(もともとの歯)と比べると食物を噛み砕く効率が悪い
・入れ歯の金属部分が見える
ブリッジ メリット ・固定されているため、違和感がほとんどない
・保険内で治療ができる
 (使用材料によって)
デメリット ・健全な両隣の歯を削らなければいけない
・両隣にある歯に負担がかかる
インプラント メリット ・骨と結合するため自分の歯と同じように噛める
・異物感がない
・審美性が良い
・残りの健康な歯を削らない
デメリット ・外科的手術を行う
・治療費は保険適用外なので自己負担
・インプラント治療ができない場合もある
(患者さんの状態によって)
・治療に時間がかかる


・治療前
 歯がぼろぼろになり、かぶせることができません。
 このような状態では残念ながら、歯を残すことができません。

インプラント治療前1.jpg インプラント治療前2.jpg

 
・抜歯3か月後
  抜歯をして、歯茎が落ち着くのを待ちます。 

インプラント治療中1.jpg インプラント治療中2.jpg

 ・治療後
  インプラントを入れて咬めるようになりました。
  両隣の歯は削らなくてすみました。

インプラント治療後1.jpg インプラント治療後2.jpg

このページのトップへ