• 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科

アーカイブ

田代歯科医院ブログ

持ち込み説と潜伏説

持ち込み説と潜伏説

#Yahooニュース

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


健康への第一歩

健康への第一歩は、口にあり


「歯科ばなれ」

「歯科ばなれ」には、リスクがひそんでいます。

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


レムデシビル投与

レムデシビル投与で入院患者の回復期間短縮

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>

 


医療従事者の感染リスクは?

医療従事者の感染リスクは?

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


感染症対策

感染症対策は多角的に行う必要があると思います。

「国民の皆様の声」募集 送信フォーム


死亡リスク増加因子

死亡リスク増加因子

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>

 


唾液検査

唾液検査ならば、歯科医師は得意とするところです。

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>

 

 


感染防止

感染防止は勿論のこと、児童生徒の心のケアが大切だと思います。

学校における新型コロナウイルス感染症への対応について


ウィルスが変異

ウィルスが変異

吉野 敏明

4月19日 16:17

【よしりん の新型コロナウイルス情報最前線 今テレビでやってること、全部ウソです】先ずこの図を見てもらいたい。英ケンブリッジ大などの研究チームが2019年12月下旬から2020年3月上旬にまでに検出された、世界の新型コロナウイルスの患者160人分の遺伝子配列(ゲノム)を解析して時系列に示したものだ。一番大きい図が最新の物(3月下旬)、中国に小さな紫の丸があるのが昨年12月の物だ。ゲノムが変わると色が変わる様に示してある(紫が最初の中国のゲノム→ヨーロッパに伝播すると黄緑→米国に伝播すると赤に変異)。この様にゲノムは大きく3パターンに分かれていた。つまり、もともと中国のコウモリから検出したウイルスから、①に遺伝子が変異した最初の新型コロナウイルス(湖北省武漢市を中心とした中国国内や近隣諸国)、②さらにゲノムが変異した二つ目の新型コロナウイルス(フランス、イタリア、英国など欧州中心)、③今爆発的に感染者が米国、であり、欧州に広がっているウイルスは香港以外の中国本土では確認されていない。つまり、新型コロナウイルスは、ヒトの間で感染を広げながらどんどん変異を繰り返しているのだ。系統樹からは、最初に中国で感染拡大したウイルスが変異を繰り返し、米国や欧州、日本に広がっている様子が読み取れる。そう、最初のころの新型コロナウイルスはあまり病原性が高くなく(日本のもこのタイプ)、欧州→米国に移るにつれ、悪性度が増しているのだ。つまり、日本がするべきは米国から入国制限で、引きこもりでは無いのだ

 もしかすると、病原性が弱い内に中国人が日本に大量にきていたから、昨年12月ごろにインフルエンザが早く流行していた、などといっていたがあれが新形コロナウイルスだったかもしれないのだ。

それで、日本人には抗体が多数できており、世界でも信じられないほど死亡率が低いのは、ここまでのデータをみれれば整合性がでる。

もちろん、正確な事はその筋の研究者の検査結果をまたなければならない。

そもそもウイルスはどんどん変化するので、抗ウイルス薬を開発して使えば使うほど耐性を得るので使わない方がいい=自分の免疫力で治す方がよいのだ。

わたしの知人のTV局関係者は、報道規制がしかれていて政府が発表したこと以外放送するな、といわれていると断言しているし、危険を煽ることによって視聴率も上がっているから、ウヒヒ状態。

もう、政府とメディアは談合している状態なのだ。

戦前だって、朝日新聞を筆頭に政府と一緒に国民を戦争するように煽って煽りまくり、結果東京大空襲、原爆二発、沖縄本土決戦までして死体の山となって『一億総玉砕』『一億総特攻』とまで新聞にかいて敗戦したのだ。

もう、政府は頼りにならないから、自分で英語で海外のデータを調べるしかない。

さらに詳細をウォール欄に記す。

覚醒せよ、良識ある日本人

(良識ない人は仕事無くなって貧乏になって食べれなくなってもそのまま怯えて籠ってるでちゅ

 

 

 


このページのトップへ