• 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科

アーカイブ

田代歯科医院ブログ

ウィルスが変異

ウィルスが変異

吉野 敏明

4月19日 16:17

【よしりん の新型コロナウイルス情報最前線 今テレビでやってること、全部ウソです】先ずこの図を見てもらいたい。英ケンブリッジ大などの研究チームが2019年12月下旬から2020年3月上旬にまでに検出された、世界の新型コロナウイルスの患者160人分の遺伝子配列(ゲノム)を解析して時系列に示したものだ。一番大きい図が最新の物(3月下旬)、中国に小さな紫の丸があるのが昨年12月の物だ。ゲノムが変わると色が変わる様に示してある(紫が最初の中国のゲノム→ヨーロッパに伝播すると黄緑→米国に伝播すると赤に変異)。この様にゲノムは大きく3パターンに分かれていた。つまり、もともと中国のコウモリから検出したウイルスから、①に遺伝子が変異した最初の新型コロナウイルス(湖北省武漢市を中心とした中国国内や近隣諸国)、②さらにゲノムが変異した二つ目の新型コロナウイルス(フランス、イタリア、英国など欧州中心)、③今爆発的に感染者が米国、であり、欧州に広がっているウイルスは香港以外の中国本土では確認されていない。つまり、新型コロナウイルスは、ヒトの間で感染を広げながらどんどん変異を繰り返しているのだ。系統樹からは、最初に中国で感染拡大したウイルスが変異を繰り返し、米国や欧州、日本に広がっている様子が読み取れる。そう、最初のころの新型コロナウイルスはあまり病原性が高くなく(日本のもこのタイプ)、欧州→米国に移るにつれ、悪性度が増しているのだ。つまり、日本がするべきは米国から入国制限で、引きこもりでは無いのだ

 もしかすると、病原性が弱い内に中国人が日本に大量にきていたから、昨年12月ごろにインフルエンザが早く流行していた、などといっていたがあれが新形コロナウイルスだったかもしれないのだ。

それで、日本人には抗体が多数できており、世界でも信じられないほど死亡率が低いのは、ここまでのデータをみれれば整合性がでる。

もちろん、正確な事はその筋の研究者の検査結果をまたなければならない。

そもそもウイルスはどんどん変化するので、抗ウイルス薬を開発して使えば使うほど耐性を得るので使わない方がいい=自分の免疫力で治す方がよいのだ。

わたしの知人のTV局関係者は、報道規制がしかれていて政府が発表したこと以外放送するな、といわれていると断言しているし、危険を煽ることによって視聴率も上がっているから、ウヒヒ状態。

もう、政府とメディアは談合している状態なのだ。

戦前だって、朝日新聞を筆頭に政府と一緒に国民を戦争するように煽って煽りまくり、結果東京大空襲、原爆二発、沖縄本土決戦までして死体の山となって『一億総玉砕』『一億総特攻』とまで新聞にかいて敗戦したのだ。

もう、政府は頼りにならないから、自分で英語で海外のデータを調べるしかない。

さらに詳細をウォール欄に記す。

覚醒せよ、良識ある日本人

(良識ない人は仕事無くなって貧乏になって食べれなくなってもそのまま怯えて籠ってるでちゅ

 

 

 


ウィルス量が高い患者は?

ウィルス量が高い患者は?

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>

 


オランダの人口の3%はコロナウイルスの抗体を獲得している

オランダの人口の3%はコロナウイルスの抗体を獲得している

<詳しくは こちら からご覧いただけます>


口腔を不潔にしているとウィルス感染が起こりやすくなります。

口腔を不潔にしているとウィルス感染が起こりやすくなります。

 

大内 仁守

4月20日 13:02

新型コロナウイルス感染予防のために
2020/4/20
おおうち矯正歯科小児歯科クリニック
院長 大内仁守

 4/19までの東京都の感染患者数は3000人に達し、終息の気配を見せません。今後もしばらくは増加の傾向を辿ると思われます。ウイルス性疾患は外からウイルスをもらわないことには感染はしません。

ウイルスの侵入経路は粘膜(口、鼻、喉、目など)です。もともとウイルスは粘膜に発現する受容体(以下レセプター)を介して人の体に侵入してきます。レセプターは健康な時にはタンパク質でできている粘膜に覆われていて、ウイルスがくっ着くことはできません。しかし、体の免疫力が低下したり、お口を不潔にしていると細菌が増殖してきます。細菌はタンパク質を溶かす酵素を出してこの粘膜の壁を壊してしまいます。その結果レセプターが露出してしまい、ウイルスが結合します。これがウイルス感染です。新型コロナウイルスはACE2というレセプターを介して細胞内に侵入します。そしてこのACE2レセプターは口の中の粘膜、特に舌に多く発現すると報告されています※ 。

新型コロナウイルスの感染経路は飛沫による、上気道(喉から上)からの侵入ががもっとも多いとされています。飛沫とは簡単にいえば唾液のしぶきのことで、主に吐く息や咳、くしゃみなどによって発せられます。上に書いたように飛沫によってウイルスが体内に侵入しても、レセプターが塞がっていればウイルス感染のリスクは大幅に低下すると考えられます。このための効果的な方法が歯磨きです。歯磨きをしっかり行ってウイルスとレセプターの結合を防ぐことが何よりも重要です。

虫歯を防ぐばかりでなく、新型コロナ感染予防のためにも、朝晩しっかり歯を磨いてください。自分の歯を磨くことが、感染の拡大を防ぐことにも繋がります。一緒にがんばりましょう。

( ※International Journal of Oral Science volume 12,Article number:8(2020))


ちょっとホッとしました。

ちょっとホッとしました。

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>

 


「神奈川県医師会からのお願い」です。

「神奈川県医師会からのお願い」です。「侮らないで」「ごまかされないで」「PCR検査の本当」「胸部レントゲン検査やCT検査の困難」「医療機関の現状」「医療機関への偏見や差別」「一緒に戦いましょう」この7つの段落から構成されています。現場からの切実なお願いが聞こえてきます。菊岡正和会長、神奈川県医師会の先生方、本当にありがとうございます。

 

<詳しくは こちら からご覧いただけます>


コロナウイルスは、既に浸透してた?

コロナウイルスは、既に浸透してた?

<詳しくは こちら からご覧いただけます>

 


誰が正しいではなく、事実は何か?

誰が正しいではなく、事実は何か?

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


結果論かもしれませんが、今後を考えるヒントになると思います。

結果論かもしれませんが、今後を考えるヒントになると思います。

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


医療現場の現実を知ることから始まります。

医療現場の現実を知ることから始まります。

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


このページのトップへ