田代歯科

アーカイブ

田代歯科医院ブログ

今月(10月)、アメージング出版から正にアメージングな『ワクチンの境界 権力と倫理の力学』とう本が出版されました。

下記facebookからの記事の引用でございます

 

竹林 直紀
10月30日 20:52 ·


今月(10月)、アメージング出版から正にアメージングな『ワクチンの境界 権力と倫理の力学』とう本が出版されました。神戸大学大学院経営学研究科教授の國部克彦先生の著書で、政府と専門科によるワクチン接種などの感染症対策の矛盾点を、論理的、倫理的な観点から非常にクリアカットに解説されています。
感染症専門家の忽那賢志氏、免疫学専門家の宮坂昌之氏、政治家の河野太郎氏の発言を具体例として提示し、論理的にその内容の問題点を指摘されています。マスク常時着用や遺伝子ワクチン接種を推奨しつづける、政府の今の感染症対策に違和感を感じている人にとって必読の書です。
<目次>
序 章:私たちは何をしてきたのか
第1章:感染症の蔓延とワクチンの投入
第2章:軽々しく信じることの罪
第3章:専門家は信用できるのか
第4章:デマと正しい情報
第5章:独裁化するリベラル
第6章:生権力の暴走
第7章:システムへの抵抗
第8章:100分の1の倫理
終 章:私たちはどこへ行こうとしているのか
以下、本文中より一部抜粋。
『政治家は科学者ではありませんから、科学的厳密性に身をささげる必要はありません。むしろ、彼らの政策に都合のよい科学的証拠を拾い集めて、自らを正当化しようとします。科学の世界では、「チェリーピッキング」(美味しいとこ取り)と呼んで、厳しく戒めていますが、政治の世界では関係ありません。むしろ、政治家は、自分の権力に都合のよい学者や学説を採用するようになり、当然、行政もその指示に従うことになります。』
『したがって、政治に利用される科学は、もはや科学者の良心だけに基づく純粋な科学ではなく、自らの主張の神聖さを汚すものを一切認めない宗教と化してしまう傾向を持ちます。一切の批判を許さずにワクチンを擁護する専門家の言説はまさに宗教そのものです。ワクチンの効果や安全性のみを強調する専門家の行為は、科学的行為というよりも、ワクチンの正当性を高めようとする政治的行為であり、彼らが纏っている「科学」はまさに宗教と同じ様相を呈してしまっているのです。』
アマゾンのカスタマーレビューの投稿文も非常に参考になります。
国民の大多数がいまだに常時マスク着用し、世界的にも例のないスピードで遺伝子ワクチンの追加接種を政府が計画している現在、私たち国民の一人一人が自分自身で情報を確認し、自ら考えて判断し行動することが重要です。
自分自身と家族や大切な人達を守るためにも、マスメディアによる「政府と一部の専門家の意見だけが正しい」とされてきた感染症対策の矛盾点に多くの人が気づくことを願っています。
11/6(日)9:30~16:30にオンラインZoom開催されるシンポジウム『コロナパンデミック・パニック ~<身>の医療から俯瞰したもう一つの物語~』では、感染症専門家と国とマスメディアが大多数の国民に信じ込ませている「不安・恐怖の感染症の世界」とは異なる、もう一つの物語について、私も含めて5人のシンポジストがそれぞれの立場や専門から講演いたします。
当日参加の申込締切は11月1日(火)までとなっています。11月2日からは後日視聴の申込受付だけとなります。シンポジウム内容の詳細は、下記サイトから抄録集をダウンロードできますので是非ご覧下さい。
https://holikan2021.stars.ne.jp/sympo/


【井上正康】2022.10.2 仙台講演

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


一緒に考え、希望ある未来を作ろう❗️

一緒に考え、希望ある未来を作ろう❗️

<下記をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


新型コロナワクチンの癌に関係する未知の有害事象はリンパ腫だけではありません。

下記facebookからの記事の引用でございます

 

Ayako Miyakawa
10月25日 5:50 ·
新型コロナワクチンの癌に関係する未知の有害事象はリンパ腫だけではありません。
ワクチンによりできるSタンパクは、核に入ることや、核内のエストロゲン受容体に結合するエビデンスが出ています。エストロゲン受容体を発現する癌には、乳癌や子宮体癌、肝癌など様々なものがありますが、コロナワクチンにより誘導されるSタンパクにより、癌の増殖が活性化するリスクが懸念されます。
実は、膀胱癌でもエストロゲン受容体を発現するものがありますが、私の専門とする膀胱癌の患者さんの複数に、これまで、「ターボ癌」のように、ワクチン接種後、突然増殖が爆発的に起こり、あっという間に亡くなった方がいらっしゃいます。当初は、「こんな症例、珍しいなあ。」としか思わなかったのですが、何例か続いたため、ワクチンの接種時期を調べたところ、接種から腫瘍の増殖爆発までが数週間ということを知りショックを受けました。ワクチン接種により一時的に免疫低下することによるのかとも思いましたが、別のシグナル伝達系が関連しているのかもしれません。
私は臨床と基礎研究の双方に携わってきました。基礎研究者にはとても敵いませんが、基礎研究者に難しく臨床医の私に可能であることは、臨床で得るヒントを研究に活かすことです。ターボ癌に関しては、疫学的調査をすることはかなり難しいと思われます。せめて基礎研究で何が起こっているのかを少しでも明らかにできればいいなあと思います。
Sタンパクは元々ACE2に結合しますが、これにより活性化されるシグナル伝達系は多岐に渡ります。感染症に対する短期的効果だけではワクチンのメリットを公平に判断することはできません。長期的に何が起こるのかは、誰も知りません。🇸🇪公衆衛生庁は、オミクロン株を健常者には通常の風邪と同等と位置付けました。リスクグループに関してもインフルエンザとあまり変わらないと思います。そのようなウイルスに対するワクチンを、まだ未知のリスクがあるにも関わらず、日本は6ヶ月の乳幼児から接種をします。スウェーデンでは17歳以下は接種推奨中止になりました。また、65歳未満のブースター接種の推奨も撤廃されました。ワクチン接種をする前に良く考えてほしいです。まだまだわからないことがある現状で、メリットがリスクを上回ると軽々しく発言できないと思っています。


懐かしいです。

懐かしいです。会場がとても温かい雰囲気になったのを思い出します。

6年前
田代 芳之
2016年10月22日

今日は第23回日本歯科医学会総会で山中教授、向井先生の講演を聴きました。iPS細胞は、自己増殖能・多分化能を有し、個人の体細胞から樹立可能で、病態解明・再生医療・創薬 などの医療分野への貢献が期待されているそうです。また、宇宙から地球を見ると、地球がとても愛おしく、目に見えない何かを感じるようでした。お二人のお話で共通していた事は、自分の仕事に取り組む動機がとても純粋で夢や希望、思いやりに満ちていました。講演後、とても清々しい気持ちになりました。知識・技術は、勿論大切ですが、何か背景に人類の役に立ちたいという愛情に溢れた使命感があるようでした。山中教授、向井先生、本当に有り難うございました。


京都大学の宮沢准教授

下記facebookからの記事の引用でございます

 

福田 世一
10月21日 3:29

京都大学の宮沢准教授
スパイクタンパク量は抗体だけでなく心筋炎や健康被害とも相関する
製品(ロット番号)によってスパイクタンパクにバラツキある
そのデータを厚労省は持ってるがファイザーとの契約で公表できない
人間の生存権に関わることで一企業との契約でそんなことやるのは憲法違反では?


名古屋大学の小島教授

下記facebookからの記事の引用でございます

 

福田 世一
10月17日 0:09

名古屋大学の小島教授
努力義務は他人を守るために課すものだと予防接種法に書いてある。
なのに、感染予防効果のないコロナワクチンに努力義務を課すのは法律的におかしい
そして感染予防効果をプロパガンダした専門家、あるいは政治家が問題だ。


<🛑街で見かけた雑誌から> ~少しずつ感じる空気感の変化~

下記facebookからの記事の引用でございます

橋本 克彦
10月7日

<🛑街で見かけた雑誌から> ~少しずつ感じる空気感の変化~
おっと、『The Liberty ザ・リバティ』ですか・・・
https://www.irhpress.co.jp/liberty/
私とは全く無縁の出版社ですからして、完全ノーマークだったのですが
書店で最新11月号の表紙が目に入ってしまいましたよ。
で、バックナンバーみても結構コロナ・ワクチン禍に関しては、TV新聞などよりマトモな記事が掲載されているようだし
ここの信者さん(?)会員さん(?)は被害少なく済んでいるのかもしれませんね🙂。
と、そんな話はともかく、執筆陣も一流で
記事内容も良くまとまっていてとても勉強になります。
名大 小島名誉教授の記事+特集記事を添付致しました。
ご確認下さい。


<🛑接種済みの方が知っておくべき基本事項🙂> ~中村 篤志先生のnote記事より~

下記facebookからの記事の引用でございます

 

橋本 克彦

10月5日



<🛑接種済みの方が知っておくべき基本事項🙂> ~中村 篤志先生のnote記事より~
そもそもアレは『ワク○ン』じゃなかったよね。
アレの正体はスパイクタンパクという”(血栓)毒”を体内で延々産生させるが為に、自らの遺伝子を弄ってしまう注射だったわけです。
一方で、TV新聞から情報を得ている日本人の大多数は「スパイクタンパク」という語を知りません。
この知識の差からだけでも分断が生じているわけだけど、そうなると余計に・・今さら誰にも聞けない状況なのかもしれません。
その辺りから学んで、さらに対処法も知る。
接種済みの方に是非読んで頂きたい中村 篤志先生の最近のnote記事紹介です。
⭐️【スパイクタンパクの解毒法】
https://note.com/nakamuraclinic/n/n56080658df5f
これを読んだ超ワク○ン脳の方は納豆を大量に食してから接種に向かうかも(笑)。
でも、それでも良いのかもしれません☆要は理解を深めることです。
先生が使用しておられる画像中心に添付致しました。


このページのトップへ