田代歯科

田代歯科医院ブログ

JACD春の例会

 3月22日(日)、JACD春の例会が株式会社ヨシダ九州支店            (福岡営業所)でありました。当日の内容を紹介します。

司会進行:高村聖一先生

開会挨拶 JACD会長 上田秀朗 先生  

第1題 「長期治療こそ患者さんに喜んでもらいたい!!」
発表者:延藤秀樹 先生 座長 田中憲一 先生
第2題「全身・口腔を考えながら・・・力を常に読む」
発表者:上谷智哉 先生 座長:樋口琢善 先生

第3題「全顎治療に兆戦」
発表者:永山雅大 先生 座長:桃園貴功先生
第4題「開業1年後までの取り組み~初期治療を中心として~」
発表者:有川公志郎 先生 座長:小松智成 先生

基調講演
「咬合最構成 その1 ~姿勢・顔貌・発語を考慮して~」
発表者:三橋哲哉 先生

基調講演
「二人で見えてきた”歯科臨床”~35年×2の軌跡~」
発表者:筒井照子 先生

閉会挨拶:JACD副会長 国賀 就一郎 先生

若い先生方が、基本を大切にしながら
最新の知識・技術を駆使して臨床を行っている姿は                   素晴らしいと思いました。

態癖の前には、完璧と思われた歯周治療・補綴治療も崩壊してしまいます。
態癖の診断・対応が長期的な補綴物の維持に影響を及ぼすことが         よく分かりました。

例会後は、中洲の華味鳥で水炊きに舌鼓を打ちながら                ナイトサイエンスを楽しみました。


このページのトップへ