田代歯科

アーカイブ

田代歯科医院ブログ

  |   一覧へ戻る  |  

【コロナ治療薬・イベルメクチンを活用し、緊急事態宣言を解除せよ。第一弾】

facebookからの記事の引用でございます

松林 利一
9月1日

 


【コロナ治療薬・イベルメクチンを活用し、緊急事態宣言を解除せよ。第一弾】
<政府と厚生省は、イベルメクチンを、主治医判断の下、患者(あるいは家族)の同意書があれば、コロナ治療薬として自由に使える様、特例措置を適用せよ。同時に今ある全ての緊急事態宣言を即刻解除せよ>、治療薬さえあれば、コロナは怖く無い、普通の病気。
ワクチンに対し積極的に賛成する者も反対する者も多数いる。SNSの情報を受入れる若者達には、反対派が結構多い。人それぞれであるが、肝心な事は、主にワクチンを打たない者に対し、「治療薬」があるか無いかである。
政府は緊急事態を宣言し、酒を提供する飲食業をはじめ、ほぼ国民全員に対し無理を強いている。しかし、「薬」さえあれば、緊急事態宣言も不要である。治療薬は既に在る。政府と厚生省が怠慢で、国民に提供しないだけの話である。緊急時なのに通常時と同じ感覚で、のんびりと承認手続きをする。薬害訴訟を怖れるからである。そして国民に渡るのは数年後となる。
在ボストン日本総領事館は、昨年コロナに犯されたトランプ大統領が、「薬(レムデシベル)」で治った事実を伝えている。当時は未承認薬だったが、主治医グループは処方した。トランプ氏治癒後に、初めて承認薬になった。柔軟である。
https://www.boston.us.emb-japan.go.jp/…/11_000001_00111…
今、数多くの人達は、自己防衛の為に、「イベルメクチン」他の薬を個人輸入して備蓄している。要するに、個人輸入であれば、海外で承認されているが日本では未承認の薬を、合法的に輸入出来ると言うことである。
「個人が、自己責任の下で、自分が使うだけの少量を輸入する事を認める」と薬事法に書いてある。この場合の承認付与者は、財務省の税関長になる。政府と厚生省は、国民に緊急事態を強いるのであれば、自らも緊急対応で、柔軟な発想をもって国民に応えて奉仕せよ。責任の所在を、国から国民個人に移す思考が、融通性に富み賢明である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  |   一覧へ戻る  |  

このページのトップへ