田代歯科

アーカイブ

田代歯科医院ブログ

  |   一覧へ戻る  |  

産経新聞が記事化してくださいました。

facebookからの記事の引用でございます

四方 輝夫

4月6日
産経新聞が記事化してくださいました。
日ごろからお世話になっております方々に感謝いたしますとともに、お運びくださいました政治部の原川記者に御礼申し上げます。
さて、昨夜再興会の特命チームから寄せられたファイザー社の有害事象データでは、ご覧のとおり伏字にされていた母数(出荷数)が明らかになっています。
この数字から、先立って予告しておいた通り、mRNAワクチン接種が人類史上最悪の薬害になることは、もはや明白になった、と言えるでしょう。
くだん重要なのは、ファウチ率いるFDAが、ファイザー社が提出していた有害事象報告ならびに多岐にわたる深刻な警告を握り潰していた事実です。
このことだけで政府は、ワクチン接種を即時停止する判断をただちに下すべきです。
最小限とも言える報告数だけでもインフルエンザ・ワクチンの約200倍に上る致死毒性、そして人口動態の月次移動平均データから見える40,000人超の推定死亡を前提にすると、約6,600倍の致死毒性になる凶悪なまでの有害性を示しています。
国会は、日本において、ファイザー社の有害情報を止めていた人々を特定し、ただちにその責任を追及すべきです。なぜならアメリカと同様の事情であるとすれば、日本においても有害事象と種々の深刻な警告について説明されなかった政治には、彼らに厳重に抗議しなくてはならない道義的な責任があるからです。
私たちは戦争をはるかに上回る「静かなる犠牲者」を、すでに出しているのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  |   一覧へ戻る  |  

このページのトップへ