• 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科

アーカイブ

田代歯科医院ブログ

ウィルス量が高い患者は?

ウィルス量が高い患者は?

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>

 


オランダの人口の3%はコロナウイルスの抗体を獲得している

オランダの人口の3%はコロナウイルスの抗体を獲得している

<詳しくは こちら からご覧いただけます>


口腔を不潔にしているとウィルス感染が起こりやすくなります。

口腔を不潔にしているとウィルス感染が起こりやすくなります。

 

大内 仁守

4月20日 13:02

新型コロナウイルス感染予防のために
2020/4/20
おおうち矯正歯科小児歯科クリニック
院長 大内仁守

 4/19までの東京都の感染患者数は3000人に達し、終息の気配を見せません。今後もしばらくは増加の傾向を辿ると思われます。ウイルス性疾患は外からウイルスをもらわないことには感染はしません。

ウイルスの侵入経路は粘膜(口、鼻、喉、目など)です。もともとウイルスは粘膜に発現する受容体(以下レセプター)を介して人の体に侵入してきます。レセプターは健康な時にはタンパク質でできている粘膜に覆われていて、ウイルスがくっ着くことはできません。しかし、体の免疫力が低下したり、お口を不潔にしていると細菌が増殖してきます。細菌はタンパク質を溶かす酵素を出してこの粘膜の壁を壊してしまいます。その結果レセプターが露出してしまい、ウイルスが結合します。これがウイルス感染です。新型コロナウイルスはACE2というレセプターを介して細胞内に侵入します。そしてこのACE2レセプターは口の中の粘膜、特に舌に多く発現すると報告されています※ 。

新型コロナウイルスの感染経路は飛沫による、上気道(喉から上)からの侵入ががもっとも多いとされています。飛沫とは簡単にいえば唾液のしぶきのことで、主に吐く息や咳、くしゃみなどによって発せられます。上に書いたように飛沫によってウイルスが体内に侵入しても、レセプターが塞がっていればウイルス感染のリスクは大幅に低下すると考えられます。このための効果的な方法が歯磨きです。歯磨きをしっかり行ってウイルスとレセプターの結合を防ぐことが何よりも重要です。

虫歯を防ぐばかりでなく、新型コロナ感染予防のためにも、朝晩しっかり歯を磨いてください。自分の歯を磨くことが、感染の拡大を防ぐことにも繋がります。一緒にがんばりましょう。

( ※International Journal of Oral Science volume 12,Article number:8(2020))


ちょっとホッとしました。

ちょっとホッとしました。

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>

 


「神奈川県医師会からのお願い」です。

「神奈川県医師会からのお願い」です。「侮らないで」「ごまかされないで」「PCR検査の本当」「胸部レントゲン検査やCT検査の困難」「医療機関の現状」「医療機関への偏見や差別」「一緒に戦いましょう」この7つの段落から構成されています。現場からの切実なお願いが聞こえてきます。菊岡正和会長、神奈川県医師会の先生方、本当にありがとうございます。

 

<詳しくは こちら からご覧いただけます>


コロナウイルスは、既に浸透してた?

コロナウイルスは、既に浸透してた?

<詳しくは こちら からご覧いただけます>

 


誰が正しいではなく、事実は何か?

誰が正しいではなく、事実は何か?

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


結果論かもしれませんが、今後を考えるヒントになると思います。

結果論かもしれませんが、今後を考えるヒントになると思います。

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


医療現場の現実を知ることから始まります。

医療現場の現実を知ることから始まります。

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


日本医師会は「有識者会議」を設置

日本医師会は「有識者会議」を設置

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


このページのトップへ