• 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科

アーカイブ

田代歯科医院ブログ

昨日は第45回北地区・北九州歯科医学会に参加しました。

昨日は第45回北地区・北九州歯科医学会に参加しました。糖尿病治療と歯科医療の連携についての講演を聞きました。口腔内の炎症のコントロールが糖尿病治療に大きな影響を与えることを再認識しました。糖尿病連携を取るためには、歯科医師が糖尿病について基本的な事を学ぶこと、歯周病や根尖性歯周炎の治療に習熟する事が必要だと感じました。また睡眠時低血糖とブラキシズムの関連は、これから解明される必要があると思いました。地域包括ケアを実現するためには、個人と個人の関係をきっかけにしながら、最終的には組織対組織つまり医師会、歯科医師会、薬剤師会、行政が一つになることが必要です。道のりは長い様な気がしますが、一歩一歩前進していく事が大切です。西田先生、原瀬先生、北九州歯科医師会の先生方、事務の方々、有意義な学会有難うございました。










北九州市歯科医師会主催のスキルアップ研修会

昨日は、北九州市歯科医師会主催のスキルアップ研修会に参加しました。かかりつけ歯科医師の役割は、口腔機能の発達を正常に導き、健全な歯列・咬合の育成につなげることだと思いました。そのためには、正常な発達を妨げる因子を早期に見つけ、継続的に除去していく事が大切です。同時に正常機能獲得のためのトレーニング、いわゆる口腔筋機能療法(M F T)を低年齢のうちから行っていく事が重要だと思いました。木本先生、北九州市歯科医会の先生方、有難うございました。これからも口腔機能に関する勉強を積み重ねていきます。


何か勇気をもらえます。

何か勇気をもらえます。




昨日は上田塾1月例会がありました。

昨日は上田塾1月例会がありました。内容は、全身管理、高齢者医療、義歯治療に関する事でした。超高齢社会の日本では、とても身近な内容です。発表に関連する個人的な出来事を紹介します。昨年12月、親知らずの抜歯後、患者さんの意識が一時的に消失し救急車のお世話になりました。意識が消失する過程を目の当たりにし、自分では十分な対応が困難だと直感的に判断し、即座に救急車を呼ぶ様に指示をしました。連絡したらとても精神的に楽になりました。ともかく救急隊が到着するまで自分で確実に出来ることをしました。血圧は70/40で低下していましたが、酸素飽和度は99あり安定していました。脈を取ると橈骨動脈では、触知せず手がとても冷たくなっていました。頭を若干低くした水平位にし、脈を取りながら声かけを行なっていたら救急隊が到着する前に意識を回復しました。事無きを得ましたが、日常臨床には改めて「まさか」が潜んでいると痛感しました。中島先生、山之内先生、井汲先生、松木先生、座長の浅尾先生、有意義で身につまされる発表とディスカッション、有難うございました。来月は久し振りに座長をします。


最近、診療後のおやつに焼き芋を作ります…

最近、診療後のおやつに焼き芋を作ります。寒い日には、心と体が温まります。このお芋は、シルクスイートと安納芋です。


今日は「安全な歯科医療を…

今日は「安全な歯科医療を提供するバイタルサインセミナー」を日本歯科麻酔学会と福岡県歯科医師会で共催しました。講演の前に10問のプレアンケート(イエスノー形式の小テスト)がありました。講演終了後に再度アンケートをし、冨永先生に正解を解説して頂きました。遥か昔に受けた国家試験を思い出しました。講演では、医療事故、偶発症、緊急時対応、フレイル予防、認知症などについて解説して頂きました。超高齢社会の現代では、日常臨床を安全に行うためには重要な知識です。緊急時対応のシステム構築、訓練は必須です。実は一昨日の金曜日、上顎の親知らずを抜歯した後、患者さんの意識が消失し、救急車のお世話になりました。大事には至りませんでしたが、改めて緊急時対応の重要性を痛感しました。谷口教授、冨永先生、貴重な講演有難うございました。また、福岡県歯科医師会の事務の方、有難うございました。


今日は、診療後のおやつに…

今日は、診療後のおやつに焼き芋を作りました。安納芋とシルクスイートです。これからの季節、美味しくなります。


実は安室奈美恵さんのファ…

実は安室奈美恵さんのファンです。


今日は、「県民健康づくり…

今日は、「県民健康づくりセミナー」で「認知症と歯科治療」というテーマで講話をしてきました。午前中の診療でも3名の認知症になった患者さんを診療しました。講話の後、参加者の方から、「認知症は内科と思っていたけど歯科とも関係するんですね。有難うございました。」というコメントを頂きました。これから歯科医師も認知症の理解が必須の時代です。
医師会館には、ヒポクラテスの誓いがありました。これは、医療従事者にとって原理・原則だと思います。


このページのトップへ