• 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科

アーカイブ

田代歯科医院ブログ

渋谷健司さんの動画です

渋谷健司さんの動画です

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


「検査と隔離」が基本

「検査と隔離」が基本

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


本当ですか?

本当ですか?

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


日本でも抗体検査が開始されるようです!

日本でも抗体検査が開始されるようです!

<下記画像をクリックしますと詳細をご覧いただけます>


これなら鼻うがいを楽しくする事が出来ます。

これなら鼻うがいを楽しくする事が出来ます。





 

岡崎 好秀

4月16日 16:27

インフルエンザやコロナウイルスは,鼻や喉の粘膜から侵入し増殖する。
歯肉・舌・口蓋は,食べ物の物理的刺激や温度により傷つきやすいので強靭な組織(重曹扁平上皮)でできているため,鼻や喉に比べウイルスは侵入しにくい場所と言える。
さて,風邪で喉が痛んだ時,うがいをしても,ピンポイントで痛む場所に届いているとは思えない。実際には,喉の痛みは上咽頭(喉チンコの裏(上)側)に起因することが多い。ある耳鼻咽喉科の医師よれば,喉の痛みの90%が上咽頭に原因があるという。(新型コロナウイルスの最初の感染部位も上咽頭を中心とした粘膜と考えられています。)
ここは,風邪を引いた時に一番先に痛くなる部分だ。細菌やウイルスがここで増殖し,喉の痛み・鼻水・咳などの症状が起こる。
インフルエンザの検体の採取の際,鼻から綿棒を挿入するのもこのためだ。
新型コロナウイルスが,ここから侵入する前に,洗い流せば感染しにくいと考えられる。
通常のうがいでは,上咽頭まで届かないが,“鼻うがい”ではそこまで洗浄することができる。
”鼻うがい”というと,しみて痛いと言われるが,体液に近い生理的食塩水(0.9%)で洗浄すれば解決する。
これは簡単に作ることができる。
大雑把に考えれば,ペットボトル(500ml)の水に5g(100円均一の計量スプーンを利用)の塩を溶かすと1%になる。これを使えばしみることはない。(私は風呂場で40℃のお湯を使っている。)

現在,便利な“鼻うがい”キットがドラッグストア等で販売されている。
私も数年前から,インフルエンザ予防や花粉症対策として鼻うがいを行っているが,鼻がすっきりしよく通る。また鼻をかんだ後,残った鼻水も洗い流すことができる。それを白い洗面器に受け,流れ出てドロドロした粘液を見ると驚いてしまう。

しかし鼻うがいのキットが手に入らなければどうだろう。代替品はないだろうか?
そこで100円均一の店で利用できそうなものを探した。
最初に目にしたのが,ペットボトルのキャップであった。まずペットボトルに,生理的食塩水を入れる。そして飲み口に片方の鼻孔に当て洗浄してみた。洗浄液は,上咽頭まで十分に達した。
他にもドレッシングや手洗い石鹸用の容器を試してみた。残念ながら,ノズルの穴の先が細く鼻孔にフィットしない。そこで見つけたのが,シリコン製のイヤホーンパッドであった。これをノズルの先につけると,十分使用可能だ。
インフルエンザやコロナの予防対策として“鼻うがい”は有効だと思う。頻繁に行うと,粘膜を保護するムチン層が取れるので1日1~2度を目安にしている。外出がえりが良いだろう。歯科医師は昼休みに一度,診療後に一度が適当だろう。

以下,具体的な洗浄方法と注意点をまとめてみた。
まず,洗面台や風呂場で,顎を引きやや前傾姿勢をとる。プラスチック容器を押し,洗浄液(生理的食塩水)を鼻腔内に入れる。そして,鼻腔内の汚れを軽く洗い流すイメージで行う。
洗浄液は,鼻中隔後方の上咽頭付近まで達し,反対側の鼻孔や口から出る。
洗浄後は,軽く鼻をかむ。強圧をかけると,中耳炎を引き起こす可能性があるためだ。

頭部の角度などにより副鼻腔に入り込み,後で下を向いた際に鼻孔から流れ落ちることがある。これは水泳後,よく経験することである。

武漢で最初に発生した新型コロナウイルスと鼻うがい


田尾耕太郎先生のデータです。データ作成有難うございます。

田尾耕太郎先生のデータです。データ作成有難うございます。

 

 

田尾 耕太郎

4月17日 6:51

個人的に興味があったので調べてまとめてみました。例のごとく著作権は放棄しますので、自由にお使いください。(改変して使用される場合は必ず僕の所属と氏名の部分は消しておいてください。改変された部分にまで責任は負えません)

PDF版
https://www.ha-channel-88.com/covid_dental.pdf


吉岡喜久雄先生の空気感染の解説です。有難うございます。

吉岡喜久雄先生の空気感染の解説です。有難うございます。

 

吉岡 喜久雄

4月13日 19:46

コロナウイルスは飛沫感染では無く、空気感染だという報告が上がっています。

1-1. 空気感染とは?

空気感染とは、空気中を漂う病原体を吸い込むことによって生じる感染経路のことです。ウイルスや細菌などの病原体は、感染者の咳やくしゃみの「しぶき(飛沫)」と共に体外に排出されます。つまり、病原体の周りを唾液や鼻水、痰などの水分が包むようにして排出されるのです。しぶきには水分の重みがあるため、通常は排出されるとすぐに内部の病原体と共に床や机などに落ちていきます。

しかし、病原体の中には、しぶきに含まれる水分が蒸発するとそのまま空気中を漂うものがあります。しかも感染力を保ったまま空気中をプカプカ浮いている状態。このタイプの病原体は同じ空間にいると感染者から遠い場所にいても感染してしまう危険があるのです。

<空気感染するのはどんな感染症?>

空気感染する感染症には、次のようなものが挙げられます。

・はしか
・水ぼうそう
・結核


玉井通裕先生のコロナウイルスの分かりやすいイラスト2

玉井通裕先生のコロナウイルスの分かりやすいイラスト2


玉井道裕先生のコロナウイルス感染症の分かりやすいイラスト

玉井道裕先生のコロナウイルス感染症の分かりやすいイラスト


院内感染が多発するのは、空気感染の可能性?

院内感染が多発するのは、空気感染の可能性?

吉岡 喜久雄

4月13日 18:53

受付にビニールの暖簾をつけたりフェイスガードを付けている歯科医院がありますが、コロナウイルスの大きさというか重量を考えると、窓の全開とドアの全開しないと結果、一人の感染者が出入りした院内にはコロナウイルスが3時間程度は浮遊し続けるようです。強制的に室内の空気を入れ換えるようにエアコンで暖房を最強にして扇風機などを用いた強制換気が有効なような気がします。武漢においては医療スタッフは防護服で治療にあたったようですが、私達自身が感染防護を考えると、どのような服装で診療にあたるのが妥当なのか?考えてしまいます。


このページのトップへ