• 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科
  • 田代歯科

アーカイブ

田代歯科医院ブログ

臨床現場からの声

臨床現場からの声

<詳しくはこちらをクリック>


なぜ子どもへのワクチン接種反対の声を上げたか?


2年前ダイアモンドプリンセス・クルーズ船から始まった新型コロナウィルス感染。

<詳しくはこちらをクリック>


マンボウ拒否の愛媛県。愛媛県知事は偉い!!

下記facebookからの記事の引用でございます

洲脇 功治新型コロナ情報交換会
2月4日 ·
マンボウ拒否の愛媛県。愛媛県知事は偉い!!


【癌は遺伝子疾患ではない、食疾患だ‼】

下記facebookからの記事の引用でございます

吉野 敏明
2月4日 ·
【癌は遺伝子疾患ではない、食疾患だ‼】日本中、いや世界中がだまされている。癌は遺伝子疾患ではない。何を食べたかで起こる代謝疾患、要するに食の疾患だ‼先ず、左のグラフだが、何を食べていても、40歳代までは癌に殆どならない。しかし、ここから急激に癌が増加する。一方、右のグラフでは超加工食品(ようするに、食品添加物のみならず、冷凍食品やファストフードやレトルト食品、お菓子などの工場で作る食品等)は、食事量の四分の一であろうが、四分の二でろうが、四分の三であろうが、全部であろうが、摂取すれば癌になるリスクは摂れば摂るほど増えていくが、摂れば結局癌になるリスクがあがる。つまり、オールオアナッシングで、摂るか摂らないか、なのだ‼


北海道有志医師の会の動画

北海道有志医師の会の動画

<詳しくは下記をクリック>


歯周病を約1分間で簡便に判定する「光学検査装置」の開発に、九州歯科大と北九州市立大らの研究チームが成功した(2021/12/17)。

下記facebookからの記事の引用でございます

堤隆夫
2月3日 ·
歯周病を約1分間で簡便に判定する「光学検査装置」の開発に、九州歯科大と北九州市立大らの研究チームが成功した(2021/12/17)。2〜3年以内の製品化を目指している。また、35744名を対象に6年間の縦断研究の結果、オーラルヘルスの維持は、人との交流を介した社会関係の維持や、栄養摂取を通じての認知症発症予防につながることが示された(東京医科歯科大と東北大2021/12/10)。
閉塞状況下の今、不断の努力に基づく研究を開花させた研究者の方々に敬意を表します。


「世論調査で5類変更60%支持も、まん防適用にも一定評価で政府二の足か…ピークアウトと共に必ず類型は変更する」西田昌司がズバッと答える一問一答【週刊西田】


【医療従事者3回目接種が進まない理由】

下記facebookからの記事の引用でございます

2月2日 ·
【医療従事者3回目接種が進まない理由】
医療従事者の3回目接種は16%とあまり進んでいません。打った直後では未接種者と同じ感染率です。さらに、3回目接種した人は、2ヶ月後に2倍かかりやすくなります。
おまけに、若い人は、全員軽症です。医療従事者は、毎日PCR検査か抗原検査をして、陰性ならば、仕事ができます。
また、副反応として、心筋炎や他の感染症にかかりやすくなります。そして、医療機関の管理者であれば、従業員に未来に未知の副作用の心配を負わさなければなりません。まともな医師の管理者なら、3回目接種を勧める訳はないでしょう。だから、接種率は伸びないのです。
国としては、医療従事者の接種率が高いことを誘い水にしたいのでしょう。しかし、誰も打ちませんよ。ワクチン政策終わりですね。
ストップ!(以上シカDrより、リンクはコメント欄です。)
さらに、3回目ワクチンの進捗率が10・7%の奈良県では、「副反応を懸念し、医療体制を保つため、接種を急がなかった」(県内の病院関係者)と言う話も出ています。
それから、沖縄県ではコロナワクチン3回目接種直後に医療従事者が副反応により出勤できない休職者数が過去最高の220人になり、医療現場が逼迫したそうである。
オミクロンは弱毒化しています。国民の多くは、デルタ株などで、免疫があり、かかっても軽症です。
また、コロナワクチンは治験の段階です。死んだり、未知の副作用があっても保証はされません。医療従事者が打たないワクチン3回目を多くの大人や小児の初回ワクチンを勧める訳には行きません。


一昨日の日曜日(1/30)は、長野県茅野町での講演会でした。

下記facebookからの記事の引用でございます

 

本間真二郎
2月1日 ·
一昨日の日曜日(1/30)は、長野県茅野町での講演会でした。
長野県での私の講演会は初めてになりますので、ご来場の方のほぼ全員が初のご参加とのことでした。
久しぶりのリアル講演会になりましたが、やはりリアルでの開催はとてもよいと感じました。実際に向かい合うことが本当の人間関係であることを改めて実感しました。
準備をしていただいたスタッフの方々やご来場いただいたすべての人に感謝いたします。
私の話は概ね以下のような内容になります。
・新型コロナの現状
・新型コロナとは
・新型コロナの広がりと様々な対策(マスク、手洗い、ソーシャルディスタンス、緊急事態宣言、お注射など)との関係
・検査陽性、感染、発症は違う
・PCR検査とは
・新型コロナは怖い病気ではない
・新型コロナお注射について
・マスクの弊害について
・新型コロナと免疫との関係
・微生物の存在理由
・新しい生活様式は人間を止めること
・コロナ騒動の本質
・これから訪れる社会とは
・人に伝えるためにはどうすればいいか
新型コロナウイルス騒動の始まりから、2年以上になりました。
私は、騒動の初期の頃からこのウイルスの特徴、考え方、対策、マスク、ワクチン、免疫などについて一貫した情報を発信してきました。
これまでに書いてきたコロナウイルス関連の記事は以下にまとめています。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2728645230793812
また、私の本にもわかりやすくまとめています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4065248108/
ここ1ヶ月ほどFBでの情報発信をお休みしていましたが、お伝えしてきたこと以上にほぼ目新しい情報はなかったのが主な理由です。
日本でのお注射の3回目接種も本格的に始まり、5〜11歳へ接種も認可されました。
これからは、今までの情報などをわかりやすく整理したものや、より実践に即したことをお伝えしたいと思います。
どうそよろしくお願いいたします。
次回の講演会は、2/20(日)福岡県福岡市になります。
以前もコラボしていただいた箘ちゃんファームの吉田俊道先生とのリアル講演会になります。
ご都合のつく方、ぜひご参加ください。


このページのトップへ